2018年05月21日

こんな国際恋愛も…という話を連載中です

イギリスのロンドンを舞台に、憧れの海外生活をはじめた日本人女性と、日本女子好きなイギリス人男性とのラブストーリーを連載中です。




ボク(英国人)と私(ジャパニーズ)のすれ違い”恋愛”コミュニケーション


マインド・ザ・ギャップ.jpg


「イギリス人の恋人」にちょっぴり期待する弘美と、「日本人女性」と夢みるイギリス人のマシューは、パブで出会い、交際をスタート。
でも、言葉や文化の違いから、あこがれていたような関係になるどころか、ギャップは広がるばかり……。

紳士的なイギリス人、が実は同国の女性にはモテない「ダメ男」だったり。
外国人が抱く日本女性のイメージに誤解が多かったり。

実際にロンドンなどで見聞きした話を参考に、日本人女性と外国人男性(特に欧米人)が陥りがちな恋愛パターンを描いた作品です。

この作品はフィクションで、登場するイギリス人などの外国人は、架空の人物です。
こんな外国人(特にイギリス人)ばかりではないことを、お断りしておきますが…。


よかったらご覧ください。よろしくお願いします!

posted by らくだ at 13:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

ブログ「モロッコ美容あれこれ」を引っ越しました。

ブログ「モロッコ美容あれこれ」を引っ越しました。

新しいサイトはこちらです。

引き続きどうぞよろしくお願いします!
posted by らくだ at 09:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

出張に携帯したい精油

男性もアロマテラピーを、というわけで、ビジネスシーンで役立つアロマテラピーをご紹介します。
もちろん、女性にもおすすめですよ!

今回は、出張に携帯したい7つの精油(エッセンシャルオイル)です。
小さなボトルにうつして、7本まとめて袋に入れて持ち歩くといいでしょう。

●ペパーミント
乗り物酔い、消化器系の痙攣や嘔吐、腸内ガス、みぞおちの痛み、肩こりなど、数多くの症状に効果を発揮。抗菌作用でも知られています。

●ヘリクリサムイタリカム
瘢痕形成作用があり、傷や打撲に有効です。血をさらさらにする作用でも知られ、コレステロールを低下させます。

●ユーカリ・ラディアタ
ユーカリの精油のなかでも刺激が少ないタイプで、抗感染作用にすぐれ、空気清浄や鼻咽頭炎に効果的です。

●タイム・チモール
抗感染作用にすぐれ、疲労を癒して、元気を回復させる働きがあります。

●オリガナム
抗感染と抗菌作用にすぐれ、全身を刺激し、免疫力をアップします。

●ラベンダー
鎮痛、傷、不眠症、不安など、さまざまな薬効で知られています。

●ゼラニウム
リンパ液および静脈の循環を促進して足のむくみなどを解消し、気分を明るくする働きがあります。

ドバイ.JPG
posted by らくだ at 08:54| アロマテラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月26日

男性もアロマテラピーを試してほしいな

日本の男性はよく、「美容とかは、男だからわからない」と、さもそれが男っぽいかのごとく言い放ちますが、私の知る限り、外国の男性はそういう言い方はしません。

日本では、アロマテラピーは女性向けと考えられがちですが、海外では、男性も同様に関心が高いのです。

2005年に出した『フランス式美人道A to Z』のアロマテラピー(Aromathérapie)の欄に、フランスの男性について、書いています。

「アロマテラピーのエステで、妙齢の男性を見かけたことがあります。『最近は、男性のお客さんも増えているんですよ』と、エステティシャンが一言」

aroma.jpg

あれから10年以上たち、いまはさらに、アロマテラピーや植物療法を利用する男性が増えています。

フランスだけでなく、モロッコの男性も美容や香りに興味があるようで、モロッコ美容の話題で盛り上がることがあります。

アロマテラピーは女性のもの、というのは古い考え。
これから、男性向けのアロマテラピーをご紹介していきたいと思います。

posted by らくだ at 09:27| アロマテラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

フランス・ナンシーの伝統的マカロン

カラフルなマカロンが流行中ですが、フランスでは昔ながらの素朴なマカロンも人気です。
老舗のひとつが、フランス東部ロレーヌ地方の都市ナンシーの「Maison des Soeurs」のマカロンです。
二人の修道女(Soeurs)が作り始め、200年以上も伝統の味を守りつづけています。
卵白のメレンゲ、砂糖、アーモンドパウダーだけで焼き上げたマカロンは、さくっとした歯ごたえとやさしい味が魅力。
ついもうひとつ食べたくなる、おいしさです。


マカロンの写真がどこかにいってしまったので、お店のパンフを。


マカロン.jpg


ナンシーへは前準備なく行ったため、ツーリストオフィスで「マカロン」のことを知りました。
「Maison des Soeurs」に着いたのは開店時間の少し前。
店の前では、女性がひとり、すでに待っていました。

パッケージもけばけばしくなく、シンプルで好感が持てます。

ナンシーはアールヌーボーの街として知られ、あちらこちらにアールヌーボー建築を見ることができます。
金沢市と姉妹都市とのこと。なんとなく納得。
今回は1日だけの観光で、アールヌーボー美術館は休館日のため見学できず。
今度ゆっくり訪れてみたいです。


posted by らくだ at 08:48| 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

パリのクレープ屋 La Crêperie des Canettes

ラ・クレープリ・デ・カネット

クレープ

10, rue des Canettes 75006 Paris
Tel 01 43 26 27 65

<地下鉄>Mabillon

営業:12時〜23時 月曜は〜16時 日曜休み

47種類ほどのクレープがあり。値段も手ごろ。
予算10ユーロぐらい。


らくだ.jpg

ラベル:パリ クレープ
posted by らくだ at 08:00| パリの食べ物屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

パリのレストラン La Gare

ラ・ガール

フレンチ

フォーマル度★★☆
観光客度★★☆

19, Chaussée de la Muette 75016 Paris
Tel 0142 15 15 31

<地下鉄>La Muette

営業:12時〜15時 19時〜24時 無休

昔の駅をレストランに改装。伝統的なフランス料理が自慢。
夏はテラスでの食事がおすすめ。
予算は30.50〜38.10ユーロぐらい。

フランス式.jpg

posted by らくだ at 08:00| パリの食べ物屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

パリのサロン・ド・テ Les Nuits des Thé

Les Nuits des Thé
レ・ニュイ・デ・テ

サロン・ド・テ


フォーマル度★☆☆
観光客度★☆☆

22, rue de Beaune 75007 Paris
Tel 01 47 03 92 07

<地下鉄>Rue du Bac

営業11時〜19時 日曜15時30〜19時 無休


サンジェルマン大通りからセーヌ川に抜ける静かな通りにあるティールーム。

サンジェルマンでの散策に疲れたら、ちょっと立ち寄りたい隠れ家的なシックなお店です。

マダム手作りのケーキや、オリジナル・ブレンドLes Nuits des Thésがおすすめ。

ランチは、チキンのタジンやクレープ、サラダプレート、本日のメインなど、一品11€ほどから。

サンドイッチやケーキのテイクアウトもできますよ。

フランス式.jpg


posted by らくだ at 08:00| パリの食べ物屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

パリのレストラン・バー/Le Café de Mars

ル・カフェ・ド・マルス


フレンチ

フォーマル度★☆☆  観光客度★☆☆

11, rue Augereau 75007 Paris Tel 01 47 05 05 91

<地下鉄>Ecole Militaire

営業:12時〜14時30(週末11時30〜15時) 20時〜23時30 土曜昼・日曜夜・月曜休み

予算:27ユーロ


エッフェル塔からつづくシャン・ド・マルス広場近く、細い道にあるレストラン&バーです。

目立たない場所なのですが、1920年代の装飾をそのまま生かした店で、アーティストやモデルなどが常連。

夜にはジャズ・セッションが開催され、 若者が集まるお洒落なラウンジとして知られています。

観光客には入りにくい店かもしれませんが、ちょっと立ち寄ってみたいお店といえます。

料理は、アメリカン&イタリアンをアレンジしたフレンチ。

サラダの盛り合わせ(Toscani)、ハンバーガーとフライドポテト(Hamburger et Fries)など、軽めのメニューが豊富です。

週末11〜16時までのブランチ(25ユーロ)が人気で、オレンジジュース、バナナブレッドやコーヒーケーキなどの盛り合わせに、今日の料理とデザート、飲み物(エスプレッソや紅茶)がついてボリュームたっぷり。


le_cafe_de_mars.jpg
1996年当時

(写真は「安くておいしいパリ案内」より)
photo.jpg


posted by らくだ at 00:00| パリの食べ物屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月13日

汗の臭いを消す室内スプレー

「ロッカールームの汗臭さを消す」という室内スプレーの作り方を紹介します。


<材料>
シナモンの精油 2滴
レモンの精油  2滴
ヨーロッパアカマツの精油 2滴
タイム・チモールの精油 2滴
オレガノの精油 1滴
40度のウォッカ 大さじ1
精製水            100ml

<作り方>
スプレー瓶にウォッカと精油を入れ、よく混ぜます。
精製水をを加えます。
よく振ってスプレーします。

フランス式.jpg
posted by らくだ at 08:00| アロマテラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする